cacti

提供: fukudat
移動: 案内検索

The Complete RRDTool-based Graphing Solution. PHP で作成されたオープンソースのグラフ作成ツール. グラフ作成のバックエンドとして,RRDTool (Round Robin Database Tool) を使用している.

以下は Ubuntu Server (10.04.4 LTS) へのインストール記録.

目次

Install

~/.my.cnf があると干渉してうまくインストールできないようなので,~/.my.cnf は一時的に消して(renameして)おく. そのうえで,

$ sudo apt-get install cacti

を実行.

dialogに答えるとインストールが完了する.

  • Connection method for MySQL database of cacti: unix socket
  • Name of the database's administrative user: root
  • Password of the database's administrative user: mysql の root パスワード
  • MySQL username for cacti: cacti
  • MySQL database name for cacti: cacti
  • Webserver type: Apache2

Initialize

http://hostname/cacti をブラウザで開くと設定画面が現れる.画面下のボタンを3回くらい押すと初期化が完了する.

次にログイン画面が現れるので,初期パスワード

  • username: admin
  • password: admin

でweb consoleへログインする.パスワード変更を促されるので必ず変更する.

Configure

以下すべてweb consoleからの操作.

localhostの追加

  • Management >> Devices をクリック
  • Devicesセクションの右上Addをクリック
  • Host Template: Local Linux Machine
  • 残りは以下のように入力
    • Description: マシンの名前 (localhost とか machine.domain.com とか)
    • Hostname: 127.0.0.1
    • Disable Host: チェックを外す
    • 後はデフォルト

Linux hostの追加

  • Management >> Device をクリック
  • Devicesセクションの右上Addをクリック
  • Host Template: ucd/net SNMP Host
  • 残りは以下のように入力
    • Description: マシンの名前 (machine.domain.com)
    • Hostname: マシンのアドレス (同上)
    • Disable Host: チェックを外す
    • SNMP Version: Version 2
    • 後はデフォルト

Windows XP hostの追加

  • Management >> Device をクリック
  • Devicesセクションの右上Addをクリック
  • Host Template: Windows 2000/XP Host
  • 残りは以下のように入力
    • Description: マシンの名前 (machine.domain.com)
    • Hostname: マシンのアドレス (同上)
    • Disable Host: チェックを外す
    • SNMP Version: Version 2
    • 後はデフォルト

スクリプトコマンドの追加

実行すると次のような1行を標準出力に返すコマンドを作っておく.

$ command param1 param2...                         # param* はコマンドに与える引数(入力フィールド)
field1:value1 field2:value2 field3:value3...       # field* は出力変数名(出力フィールド), value* はその値
  • Collection Methods >> Data Input Methods をクリック
  • Data Input Methodsセクションの右上Addをクリック
  • Name: 適当な名前をつける
  • Input Type: Script/Command
  • Input String: コマンドのfull pathと引数に名前をつけてを<, >で囲って入力する.例えば,/path/to/command <param1> <param2>
  • Createボタンをクリック
  • 入力フィールド(コマンドへの引数)それぞれについて,Input Fieldsの右上Addをクリックして以下を入力
    • Field: 上記Input Stringで指定した引数を一つ選ぶ
    • Friendly Name: わかりやすい名前をつける
    • Regular Expression Match: 引数がマッチすべき正規表現.空でもよい.
    • Allow Empty Input: 引数が空でもよければチェック
    • Special Type Code: ふさわしい型があったらそれを入力
  • 出力フィールド(コマンドの出力変数)それぞれについて,Output Fieldsの右上Addをクリックして以下を入力
    • Field: フィールド名 (コマンドが出力するものと一致すること)
    • Friendly Name: わかりやすい名前をつける
    • Update RRD File: この値を使うならチェック

以上でData Input Methodは登録完了.

続いてこのData Input Methodを使ったData Sourceの定義.

  • Management >> Data Sources をクリック
  • Data Sourcesセクションの右上Addをクリック
  • Selected Data Template: None
  • Host: None
  • Createをクリック
  • Data Source: 適当な名前をつける (/var/lib/cacti/rra/の下にこの名前で始まるファイルができて,そこにデータが溜まる)
  • Data Source Path: なにも指定しない
  • Data Input Method: 上で作成したData Input Methodを選ぶ
  • 出力フィールドごとに以下を入力する
    • Internal Data Source Name: 出力フィールド名
    • Minimum Value: 最低値.存在しない場合はU
    • Maximum Value: 最大値.存在しない場合はU
    • Data Source Type: GUAGE, COUTNER, DERIVE, ABSOLUTE
    • Heartbeat: 600
    • Createをクリック
    • まだ出力フィールドがある場合はNewをクリックして繰り返す

以上でData Sourceの登録完了.

最後にこのData Sourceを使ったグラフを作る.

  • Management >> Graph Managementをクリック
  • Graph Managementセクションの右上Addをクリック
  • Selected Graph Template: None
  • Host: None
  • Createをクリック
  • Title: グラフのタイトル
  • 後はデフォルトのままでCreateをクリック
  • このグラフに表示したいグラフアイテムそれぞれについて,Graph Itemセクションに右上Addを押して以下を入力
    • Data Source: 上で作成したデータソースの出力フィールドを選ぶ
    • Color: グラフの色を選ぶ
    • Opacity/Alpha Channel: 不透明度を選ぶ
    • Graph Item Type: 折れ線グラフならLine[123]
    • Consolidation Function: 値を集計する演算
    • 後はデフォルトでCreateをクリック
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス