Ubuntu/RAID構成

提供: fukudat
移動: 案内検索

Ubuntuサーバのディスクが壊れてデータが失われてしまった. それを機会に今後のためにRAID1を組むことにした.

Partition作成

$ sudo parted /dev/sda
GNU Parted 2.2
/dev/sda を使用
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには 'help' と入力してください。
(parted) unit s                                                           
(parted) print                                                            
モデル: ATA Hitachi HDS5C302 (scsi)
ディスク /dev/sda: 3907029168s
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt

番号  開始         終了         サイズ       ファイルシステム  名前  フラグ
 1    2048s        4095s        2048s                                bios_grub
 2    4096s        3859011583s  3859007488s  ext4                    raid
 3    3859011584s  3907029134s  48017551s    linux-swap(v1)

(parted)                                                                  

/dev/sdbも同じようにパーティションを切る.

RAID作成

$ sudo mdadm --create /dev/md0 --level=1 --raid-devices=2 /dev/sda2 /dev/sdb2

ディスクの交換

ここではディスク /dev/sda が壊れたとする.

壊れたディスクを故障状態にする.(もしまだなら)

$ sudo mdadm --manage /dev/md0 --fail /dev/sda2

RAID /dev/md0 から /dev/sda2 を切り離す.

$ sudo mdadm --manage /dev/md0 --remove /dev/sda2

電源を切って,壊れたディスクを新しいディスクに交換する.

$ sudo halt

間違えて,壊れてないディスクを交換しないように.

新しいディスクに,生きているディスクと同じパーティションを切る.

$ sudo parted /dev/sda
(parted) mktable
...
(parted) mkpart
...
(parted) set 2 raid on    # partition 2 にRAIDフラグを立てる
...
(parted) quit

新しく切ったpartitionをRAIDに参加させる.

$ sudo mdadm --manage /dev/md0 --add /dev/sda2

RAIDの再構成が始まる.進行状況を確認するには,

$ watch -n 60 cat /proc/mdstat

新しいディスクにもboot loader (GRUB) をインストールしておく.

$ sudo grub-install /dev/sda
Installation finished. No error reported.

以上.

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス