ThinkPad Tips/HDD の交換

提供: fukudat
移動: 案内検索

目次

X40

X40 標準の HDD (30GB) の残り容量が少なくなってきた (のこり3-4GB) ので,60GB Hitachi Travelstar に取り替えました.そのときの作業記録です.

X40 は 1.8 inch drive ですが,2.5 inch drive の機種でも使う道具を含めて同じはずです.

使った道具

  1. 2.5 inch HDD をUSBにつなぐケース(玄人志向安いやつ
  2. Windows XP が動いているUSBインターフェイス付の PC
  3. ディスクイメージをコピーするソフトウェア (Acronis True Image 9.0)
  4. USB CD-ROM ドライブ
  5. ディスクのパーティションを操作するソフトウェア(Acronics Disk Director Suite 9.0)

2 の PC に 3 のソフトウェアを予めインストールしておきます. 5 のソフトウェアはインストールする必要はありません.

バックアップイメージの作成

  • まず,もし設定してあるならば,HDD パスワードを解除します.
    • ThinkPad の電源投入直後にF1キーを押して,BIOS 設定画面に入ります.もし設定してあるならば,Supervisor パスワードを入力しなければ,HDD パスワードは削除できません.
    • Security --> HDD Password
  • 電源Off
  • ThinkPad の保守マニュアルを参照しながら(しなくてもいいけど),本体から HDD を取り外します.LCDを閉じていると,ネジをはずしてもHDDが抜けないようです.
  • 次に,取り外した HDD を USBケースにつなぎます.X40 の HDD は 1.8 inch ですが,インターフェイスは 2.5 inch と全く同じです.(私が使った玄人志向のUSBケースの場合,HDD のコネクタ近くにあるブラケットを止めているネジをはずさないとコネクタに刺さりませんでした.この古いHDDはこのケースに収めて,外部HDDとして使うつもりなので,ネジだけではなくブラケットも綺麗にはずしてしまいました.)
  • そして, HDD を USB 経由で PC につなぎ,Acronis True Image でディスク全体のバックアップイメージを作成します.データ量に依存しますが,私の場合は20分くらいで完了しました.
  • タスクバーの右端の通知領域にある「ハードウェアの安全な取り外し」をクリックして,USB HDD 停止してから,PC から取り外します.

バックアップイメージを新しい HDD にリストア

  • 先ほどつないだ HDD を USBケースから取り外して,今度は新しい HDD をつなぎ,PC に接続します.
  • Acronis True Image を使って,先ほど取得したバックアップイメージを新しい HDD に復元します.私の場合 10分くらいで完了しました.
  • このディスクを保守マニュアルにしたがって ThinkPad に戻します.新しい HDD を接続した ThinkPad の電源を入れて,ちゃんと起動するかどうか確かめましょう.
    • Windows が以前と同じように起動するか
    • 起動時に Access IBM ボタンを押して Rescue & Recovery に入ることができるかどうか
  • これで完了...でも良いのですが,それでは未使用領域ができただけで,使えるディスクの容量がちっとも増えません.そこで,次にAcronis Partition Manger を使って,パーティションをずらす作業を行います.
(注)PC側でパーティションの移動・サイズ変更を行ってもよさそうですが,なぜか USB drive のパーティションの移動,サイズ変更が Acronics Disk Suite 9.0 ではうまくいかないので,ThinkPad に戻してから実行します.

ディスク容量の拡張

  • ThinkPad に CD-ROM ドライブをつないで (X40 の場合,CD-ROMは内蔵されていないので,ドッキングステーションか USB CD-ROM ドライブを使います),Acronics Disk Manager CD を入れて,CD-ROM からブートします.
  • アプリケーションの選択画面が出てくるので,Acronics Disk Director Suite を選びます.
  • パーティションが2つ存在しているはずです.
    • IBM_SERVICE: Rescue & Recovery のための OS およびインストールイメージが格納されている領域です.
    • IBM_PRELOAD: Windows がインストールされている C: ドライブとして見えていた領域です.
  • 次の様に操作します:
    1. IBM_SERVICE を未使用領域の一番後ろまで移動して,IBM_PRELOAD と未使用領域が連続するようにします.(ディスク --> 移動)
    2. IBM_PRELOAD のサイズを未使用領域がなくなるまで増やします.(ディスク --> サイズ変更)
    3. 実行します.(操作 --> 実行)
    4. 終了します.(ディスク --> 終了)
  • CD-ROM を取り外してリブートします.

後始末

以上で出来上がりですが,以下も忘れずにやっときましょう.

  • HDD パスワードの設定
  • 新しいディスクの最適化(デフラグ)
  • 古いディスクの中のデータの破棄(情報漏えい防止のため)

リンク集

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス