TeXCrop/コマンドライン版

提供: fukudat
移動: 案内検索

LaTeXをイメージ (PNG, GIF, JPEG, EPS, ...) に変換するコマンドラインプログラム(Perl script). Web版のTeXCropでできることをオフラインで実行したいならこれを使う.

使ってみる前に前提条件を満たしているか確認すること.

目次

前提条件

以下のソフトウェアがインストールされ,動作している環境であること.

  • Perl 5
  • LaTeX (TexLive 2014) の platex, dvipdfmx, pdfcrop コマンド
  • ImageMagick の convert コマンド

UNIX likeな環境,例えばLinux (Ubuntu, CentOS, etc), Mac OS X (Mavericks), Windows7 (cygwin) で動くと思われる.

インストール

使い方

LaTeX のソース (以下,input.tex) を準備し,次のコマンドを実行する.

$ texcrop input.tex output.png

すると,output.png ができる.これを好きなアプリケーション (PowerPoint, Word, ...) に貼りつける.

出力先のファイル (output.png) がすでに存在するときは,安全のためにエラーとなる.無視してほしいときは --force オプションを指定する.

$ texcrop --force input.tex output.png

出力されるファイルの形式は suffix (拡張子) で認識するので,output.jpg とすれば JPEG に,output.eps とすれば EPS になる. 次のように明示的に指定することも可能.

$ texcrop input.tex eps:output.dat

この場合,EPS形式で output.dat が作られる.ImageMagick の convert がサポートしている形式[1]が認識される(はず).


マニュアル

オンラインマニュアルは

$ perldoc texcrop 

で表示される.(perldoc が動いていれば)

既知の問題

  • 前提条件を満たしているかどうか(= platex, dvipdfmx, pdfcrop, convert がちゃんと動くかどうか)をチェックしていない.
  • フォントの変更が(Web版と比べて)容易でない.

免責

当然のことながら無保証です.

もし問題を発見したらUser:Fukudatにご連絡ください.

TO DO

  • スタンドアロンで動くGUI?

参考文献

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス