講義/早稲田大学/データベース設計/シラバス

提供: fukudat
移動: 案内検索
授業概要
現在のコンピュータはデータの計算処理だけではなく、インターネットを用いて情報を検索し、蓄積再利用するツールとしての役割がおおきくなってきている。データベースシステムは、本来は管理された非常に大量のデータを扱うためのソフトウエアであったが、最近では雑多に入手した膨大なデータをユーザが手元に分類整理しておくための一般的なツールとみなされるようになった。本講義ではデータベースシステムのもととなっている考え方や、データベースを構築するために必要なデータ構造の定義、意味表現および操作系について解説し、加えて、データベース管理システムを実現するための基本アルゴリズム、基本データ構造、さらに最新の技術動向などについて講義する。
授業の到達目標
  • データベースとその周辺の基本的な概念が理解できる。
  • データベースの概念設計,論理設計ができる。
  • リレーショナルデータベースの正規化ができる。
授業計画
  • [第 1回] データベース入門
  • [第 2回] ERモデル
  • [第 3回] リレーショナルモデル
  • [第 4回] 関係代数
  • [第 5回] 関数従属性, BCNF, 3NF
  • [第 6回] 4NF, 5NF
  • [第 7回] SQL
  • [第 8回] データベースとプログラミング言語
  • [第 9回] 物理データ配置
  • [第10回] インデックス
  • [第11回] 問合せ処理
  • [第12回] リカバリ
  • [第13回] 並行制御
  • [第14回] XML
  • [第15回] 定期試験
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス