玄箱X4/サーバー設定/spamassassin

提供: fukudat
移動: 案内検索

スパムフィルタ SpamAssassin を exim4のSA-Eximを使って動かすための覚書.

目次

Install

まずは,パッケージをインストール

$ sudo apt-get install sa-exim spamassassin

動いているかテスト.

$ spamassasin -t < /usr/share/doc/spamassassin/examples/sample-spam.txt > spam.out

で spam.out に以下のような出力が得られるか確認.

 pts rule name              description
---- ---------------------- --------------------------------------------------
-0.0 NO_RELAYS              Informational: message was not relayed via SMTP
1000 GTUBE                  BODY: Generic Test for Unsolicited Bulk Email
-0.0 NO_RECEIVED            Informational: message has no Received headers

Configure

だいたい http://www.timj.co.uk/uploads/Exim-SpamAndVirusScanning.pdf に従って設定.

SpamAsssassinの設定

/etc/mail/spamassassin/local.cf を編集して,以下の内容を追加(またはコメントを外す)

bayes_ignore_header X-Bogosity
bayes_ignore_header X-Spam-Flag
bayes_ignore_header X-Spam-Status
bayes_ignore_header X-SA-Exim-Mail-From
bayes_ignore_header X-SA-Exim-Scanned
bayes_ignore_header X-SA-Exim-Version

/etc/default/spamassassin を編集して,以下の変数の値を変更する

ENABLED=1

Exim4の設定

/etc/exim4/sa-exim.conf を編集して,以下のようにする.

# SAEximRunCond: 0            # コメントアウトして sa-exim を enable する

以下の行を、exim4の設定ファイルを分割している場合は /etc/exim4/conf.d/acl/30_exim4-config_check_rcpt に、そうでない場合は /etc/exim4/exim4.conf.template に追加する。

  warn
    message     = X-SA-Do-Not-Rej: Yes
    local_parts = postmaster:abuse

exim4の設定ファイルを分割していない場合は、以下の行を /etx/exim4/exim4.conf.localmacros に追加する。

local_scan_path = /usr/lib/exim4/local_scan/sa-exim.so

起動

$ sudo /etc/init.d/spamassassin start
$ sudo /etc/init.d/exim4 restart

参考文献

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス