永続的な静的ルーティング

提供: fukudat
移動: 案内検索

一時的な static route は route コマンドを用いて設定できるが,永続的な static route の設定方法は OS により異なるため,設定方法の覚書.

目次

Debian (玄箱)

/etc/network/interfaces ファイルに以下の行を追加する。

up route add -net 9.0.0.0 netmask 255.0.0.0 gw 192.168.0.33
pre-down route del -net 9.0.0.0 netmask 255.0.0.0 gw 192.168.0.33

この場合,サブネット 9.0.0.0/8 をゲートウェイ 192.168.0.33 に送る様に指示している.

次のコマンドでネットワークを再起動

$ sudo /etc/init.d/networking restart

うまくいったかどうかは route コマンドまたは netstat -rn で確認.

Ubuntu

/etc/network/if-up.d/static-routes ファイル(がなければ作成して実行可能にし,それ)に次の行を追加する.

#!/bin/sh
/sbin/route add -net 9.0.0.0 gw 192.168.0.33 netmask 255.0.0.0 dev eth0

で,そのファイルを実行.

$ sudo /etc/network/if-up.d/static-routes

RedHat & Fedora

/etc/sysconfig/static-routes ファイル(がなければ作成して,それ)に次の行を追加する.

any net 9.0.0.0 netmask 255.0.0.0 gw 192.168.0.33

やはり,次のコマンドでネットワークを再起動

$ sudo /sbin/service network restart

Windows

route コマンドに -p オプションを付けると,永続的なルーティングが追加できる。

C\> route -p add 9.0.0.0 mask 255.0.0.0 192.168.0.33

route print コマンドで「固定ルート」に追加されていれば成功。

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス