将進酒

提供: fukudat
移動: 案内検索

酒を飲んで人生を楽しもう!という,李白の有名な漢詩.

原文

将進酒  李白

君不見

黄河之水天上来

奔流到海不復回

君不見

高堂明鏡悲白髪

朝如青糸暮成雪

人生得意須尽歓

莫使金樽空対月

読み下し

まさに酒を進めんとす  李白

君見ずや

黄河の水 天上より来るを

奔流海に到って またかえらず

君見ずや

高堂の明鏡 白髪を悲しむを

朝には青糸の如きも 暮には雪と成る

人生の得意 須く歓を尽くすべし

金樽をして空しく月に対せしむる莫かれ

現代語訳 (テキトウ超訳)

酒を呑め呑め 酒を呑め

君は見たことないのか

黄河の水が上流から流れてくるのを

あの大きな水の流れも,海に入ればもう元に戻ることはない

君は見たことないのか

立派な部屋の鏡に映った白髪を見て悲しんでいる人を

朝には美しい黒髪も,夕方には雪のように白くなってしまう

人生は是非とも楽しみ尽くすべきである

黄金の酒の入った樽は,月夜にほっとくべきではない


だから,酒を呑みましょう.

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス